最新記事

人気記事

 

楽器市場驚愕 医療技術で「ストラディバリウス (時価数億円)」が複製に成功と放射線学会が発表

 
 
 
stradivari-violin-replica-00
stradivari-violin-replica-00a どんな伝説の楽器でも作れるってこと?えっえっ Σ(゚Д゚)

元ミネソタ大学助教授で放射線医師、そしてヴァイオリニストのSteven Sirr (左画像)が伝説のヴァイオリンストラディバリウス」のレプリカを作成、かなり肉薄した音を再現することに成功したと北米放射線学会議(RSNA) が発表。


今回オリジナルに使用されたのは世界に名だたるイタリアの名匠、アントニオ・ストラディバリが1704年に制作した「Betts」。まず、Sirr医師はCTスキャン(64列検出器CT) で1,000枚以上を断層撮影、経年変化などで生まれた亀裂や歪みを分析した。次にその画像を光造形用のファイルに変換し、コンピューター制御による工作機械CNC装置に取り込み、木から形をつくり出していきます。




次の動画はおそらく、ストラディバリウス"Betts" が音として放つからエネルギーを分析したもの。



切り出された各パーツを、プロジェクトに参加しているプロのバイオリン製造者であるJohn WaddleSteve Rossowが、組み立て、ニスを塗って完成。

左がCTイメージ、右がオリジナルの写真です。
stradivariviolinreplica04
stradivariviolinreplica05
プロジェクトのゴールは2つ。

1つはバイオリンの仕組みを理解すること、そしてもう1つは世界で最も価値のあるバイオリンのレプリカを、本物には手が出ない若い人に届けるということ。

stradivariviolinreplica01
stradivariviolinreplica02
stradivariviolinreplica03

Sirr医師は、過去の名器を再度つくり出すことによって、現代の弦楽器奏者達に影響を与えることができればと語ります。CTスキャンがまさか音楽の世界に大きな影響を与えることになるとは・・・彼が放射線医でなおかつバイオリニストだったおかげですね。いずれはチェロもCTスキャンしたいと医師は語っています。

えっと・・・楽器を投機的に入手した人たちかなり涙目なのでは・・・ (via RSNA)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP