最新記事

人気記事

 
 
 

可愛い!コーヒー豆ひと粒から「世界一小さいコーヒーカップ」にコーヒー入れる様子がめちゃくちゃコーヒーw

 
Lucas-Zanotto-Paulig-smallest-cup-of-coffee-6.pngLucas-Zanotto-Paulig-smallest-cup-of-coffee-2.pngLucas-Zanotto-Paulig-smallest-cup-of-coffee-3.pngLucas-Zanotto-Paulig-smallest-cup-of-coffee-5.png
(*˘︶˘*).。.:*

なんかいい匂いしてきた

フィンランドのヘルシンキにあるコーヒー会社Paulig が、同じくヘルシンキのデザイナー兼ディレクター兼アニメーターLucas Zanotto に「コーヒー豆ひと粒世界一小さいコーヒーつくってほしいんだけど」と依頼して完成したこの動画が、心まであったまる美味しくて美しい作品だったので紹介するね

 
 
 

【鼻血出そう】この戦い・・・負けられないっ!(シャーッ)

 

(*´д`*)

あぁ・・・・・・

こんなカワイイ子たちに勝てる気がしない。まったく。抱きしめたい。

ガンバレ、レッサーパンダ

かああわああいいいい!!中毒性の高いフードたちがこんなポップな姿になったら憎めないじゃないか

 

(ㅅ´ ˘ `)♡

うんうん、食べるし♡

カラフルな食べ物たちの消しゴムが、ちょこちょこと並んで、まるで我が子のような可愛さ。サンフランシスコの写真家Pratik Parulekar の作品「Eraser food.」がキュートすぎて、中毒性を憎むどころかさらに愛は募るばかり

【重力?なにそれ?】ベクトルの違う集合体が、「僕ら」なのかもしれない

 

( ◉д◉ ) アァ・・・・・・

心を打たれた。

僕たちは同じ地球上で暮らしているけど、誰一人として同じ人生を歩んではいないんだ。環境も、好みも、そもそも「向き」が、ぜんぜん違うんだ。上・下なんて、ない。スペインのアーティストCinta Vidal の素晴らしい作品たちに、さっきからずっと身動きが取れない。

【これ大好き】見る人が見れば、世界はこんなにもユーモア溢れることがわかる作品たち

 

( #●´艸`)プププ∮+゚

しゅき。

世界のあらゆる場所、例えば誰もが知ってるような世界遺産だったり、外出先に休憩で飲んだドリンクだったり、、創作力溢れる人の目にはどんな物だっておもしろい作品として映るんだなぁ。イギリスの写真家paperboyo の作品

ロンドンの街をカラフルポップにした地図!ああああ可愛い!!!

 


(*´ω`*)

ロンドンも、素敵やねえ・・・

地図が好きな人も、ロンドンが好きな人も、カワイイが好きな人も。みーんな喜ぶ「Iconic London Poster」を紹介するよ。メキシコ出身のデザイナーRafael Esquer が制作したこのポスターは、圧倒的にチャーミングで。街のアイコンもばっちり散りばめられててさ。世界中の他の都市も、作ってほしい!!

ビーチに現れた『モダニズム建築』!?その匠の技に驚愕・・・

 
Calvin-Seibert-Sand-Castles-3.jpgCalvin-Seibert-Sand-Castles-4.jpgCalvin-Seibert-Sand-Castles-5.jpg
( °Д°) オワアアアアア!!

これは、、感服せざるを得ない

ニューヨークを拠点に活動するアーティストCalvin Seibert の作品「My "Sand Castles"」が素晴らしい。精巧で斬新、一度生で見てみたいし、この平らさとか触ってみたい、なんなら階段とかにミニチュアの人形とか置いてみたくなる衝動に駆られる。

こっ、これは・・・壁と溶け合うグラフィティが「街の中」を探検してるみたい!

 

(꒪∆꒪;)

完全に入り込んでるな

パリ出身のグラフィティアーティストSeth ことJulien Malland が描く絵には、不思議な魅力があるな。街で突然出くわしたら最後、しばらく動けなくなりそう・・・

【天才か】いますぐデスクに置くべき、便利でカワイイ『整理整頓グッズ』があるよおー!

 
Antoine-Rouzeau-bric-a-brac.png
( °◇°)

ちょ、ナイスアイデア・・

デスクの上を綺麗に整理整頓するグッズ、BRIC A BRAC が、持ち主次第で可愛くもカッコ良くもなる優れものだよ。玄関でも良さそう。パリのオルセー美術館で建築家として働くAntoine Rouzeau の作品

ファンタジー感がハンパない!動物が次々と神秘的な姿に・・・

 

(๑꒪⌓꒪๑)

なんか、ズキューンってきた

動物は、そのままでも美しいが、こんな風に神秘的に組み合わされた姿もまた、美しいな。フランスの21歳の学生Julien Tabet の作品。「自分はアーティストじゃなくて、PCで芸術をつくる”フリ”をしている」と語るところもカッコイイ。

123456次のページへ