最新記事

人気記事

 
 
 
 

「こどもたち集まれー!ねえみんな、ちょっと自由にモンスター描いてみて」→イラストレーターが素敵にリメイク

 
Aaron-Zenz-monsters-1.png
(๑꒪⌓꒪๑)

な!!かわいい怪獣!

ミシガン州在住のイラストレーター兼デザイナー兼絵本作家のAaron Zenz が、まずはこどもたちに自由にモンスターを描いてもらって(画像左側)、そのひとつひとつを絵本のイラストのようにデザインして(画像右側)、命を吹き込む。色とりどりのモンスターたちが、チャーミングに動き出す。素晴らしいアイデアだ。

こどもたちも、きっとすごく嬉しいと思うよ。

 
 
 

(ΦωΦ)猫用ベッド、ついに宇宙船になる【居心地よいニャ】

 
myzoo-spaceship-9.pngmyzoo-spaceship-8.png
これはナイスアイデアァァァ!!

ペットグッズのデザイン会社MYZOO がつくった、宇宙船をイメージした猫用ベッド。中からも外からも見えるし、お互いに最高ってやつじゃない?

鼻血でちゃうでちゃう〜!みんなの憧れ「ディズニープリンセス」の現代版イラストがめちゃくちゃ素敵!

 
Fernanda-Suarez-princesses-1.jpg
ズキュ━━━・(゚∀゚)・∵━━━━.ン

こ れ は た ま ら ん

チリのアーティストFernanda Suarez が描く、美女と野獣のベルが現代にいたら?こんな感じかも!?なイラストに、興奮しまくりです。他にもたくさんのディズニープリンセス(わんわん物語のレディとかも!かわいい。)がいて、もう、ああ。

夢の国かよ。

敷けばすぐ、そこが大自然に早変わり!?『立体』の絨毯が、かっこよすぎる。

 
alexandra-kehayoglou-Santa-Cruz-River-1.jpgalexandra-kehayoglou-Santa-Cruz-River-2.jpg
( °Д°) カッケー!!

こんな絨毯みたことない

織物をメインに扱うブエノスアイレスのヴィジュアルアーティストAlexandra Kehayoglou の作品「Santa Cruz River」。彼女が実際にこの川を訪れて、「ずっとこのままの姿であってほしい」と願って作ったんだって。

ここに寝転がったら、どんな気分なんだろう。この絨毯、ほんと良いなぁ。

泣ける・・・。心がじんわり温まる絵ってこういう事。

 
Lee-Me-Kyeoung-shop-1.png
(´つω・`)

うぅ なんか切ない

韓国のアーティストLee Me Kyeoung が、今は希少な「個人商店」を、季節を感じながら描いた作品。28種類のアクリルインクを使ってるんだって。

どこか懐かしくて、温かくて、、永遠に見ていたいなぁ

あのフォアグラを、ビーガンでつくる!?!?!?そんなことが・・可能・・だった【はい天才】

 
Alexis-Gauthier-foie-gras-vegan.jpg
( *゚3゚)!!

なんという優しさ

12年間ミシュランの星を保持し続けた、ロンドンにレストランをもつフレンチシェフAlexis Gauthier。彼が、絶対に相容れないフォアグラ×ビーガンを、融合させた。フォア(foie:肝臓)を使わないどころか、完璧なまでにビーガンでフォアグラを作りあげたんだって。味わってみたいし、もう、写真がすでに美しいったら。

可愛い!オーストラリアへ行くと、こんなにも思い出ができますよぉ〜なイラスト!

 
Jimmy-Gleeson-discover-australia-1.jpg
ヽ(*゜∀゜*)ノ

ちょっと行ってくる

メルボルンを拠点に活動するアートディレクター兼デザイナーのJimmy Gleeson が描いたオーストラリア。地理的・生物的な多様性を紹介しているんだけど、意外と知らなかったモノが見えてくる、とっても可愛い作品だね

ええ!?食べれるドレス!?等身大の『ウエディングドレスケーキ』っていうのが、めっちゃくちゃ綺麗!!

 
jeremy-wong-weddings-615245-unsplash.jpg
(」゚ロ゚)」< ドレス好きなみなさーん

(」゚ロ゚)」< ケーキ好きなみなさーん

(」゚ロ゚)」< 綺麗なもの好きなみなさーん

ちょっとお集まりください

イギリスのケーキデザーナーEmma Jayne が、美しすぎるウエディングドレスケーキをつくってしまいました。これ、ちょっと、綺麗すぎて、食べる訳にはいかない。。散りばめられた真珠も、砂糖でできてるんだって。

フィリピンのドレスデザイナーMak Tumang のクチュールガウン「Angela」からインスパイアされているんだって。(記事の一番最後にあるよ)

絵を「描くこと」を楽しめる、最高なグッズが出た。たとえ脳や身体に障害があってもだ。

 
glifo-opendot-1.pngglifo-opendot-10.jpg
これは感動してしまう

ハンディキャップをもつ人が「描く」補助用品が、知恵と技術の集結で素晴らしいよ。まずカラフルで、軽くて洗えて、しかもカスタマイズ可能!なんと3Dプリンターで「自分だけの」サイズのものが作れるんだ。人間工学に基づいた設計、そして理学療法の進行も妨げないよう手の内側を刺激したりもしない。完成に2年。世界の様々な機関で賞を獲得している作品。

あああああ この子に頼ったら、もうなんかダメな気がしなくもない

 
THE-MANNEQUIN-CUSHION-4.jpgTHE-MANNEQUIN-CUSHION-5.jpg
(´・ω・`)・・・。

やばい(欲しい)かもしれない

「THE MANNEQUIN CUSHION(マネキンクッション)」というその名の通り、上半身の形状をしたクッションは、長い腕で僕らを優しく後ろから抱きしめてくれる。さらに人間工学に基づいて設計されたデザインは、「その首」で「こちらの首」も支えてくれたりと、何かと快適すぎる。キリキリとした生活に疲れたら、こいつをそっとソファの上に・・・あああ

BACK TO TOP